インターネット

IEEE 802.3az Energy Efficient Ethernet(有線LANの省エネ機能)についてのメモ

最近入手したHUBや無線ルーターに、IEEE 802.3az Energy Efficient Ethernet(EEE)という有線LANの省エネ機能がついているみたいなのでそれについてのメモ。
CISCOさんがわかりやすくまとめて配布してくださっているPDFや他のページの内容から、簡単に特徴をまとめただけ。
なので、詳しくは
IEEE 802.3az Energy Efficient Ethernet:より環境に配慮したネット ワークの構築
のPDFを参照のこと。
というか自分はPDF読んでもよく理解できないところがあるので、PDFを読んだほうが早い。


◎IEEE 802.3az EEEの特徴

  • 策定段階ではLPI(Low Power Idle)と、RPS(rapid PHY selection)の2つのプロトコルが考えられていたが、実際に採用されたのはLPIのみ。RPSも採用されていると勘違いしている人やサイトが存在している可能性がある。
  • イーサネットでは帯域が常に使われているわけではなく、通信をしていない時間が多い。(といっても秒単位の話ではなくマイクロ秒単位の話)
  • LPIは、通信をしていない時間は、通信機能の一部を停止(MAC層のチップへの電力供給を停止)して消費電力を下げる手法。
  • RPSは、通信中にリンク速度(1000M、100M、10M等)をトラフィックにあわせて都度変更することで、消費電力を下げる手法だったが、LPIで十分省エネになることから採用されなかった。(速度を制御するための消費電力が、省エネ効果を上回る可能性もあった?)
  • LPIでは、データを送信する必要がなくなったときに、LPI信号を送信することで、休止状態に移行して電力を抑え、データを送信する必要が出てきたときに、通常のアイドル信号を送ることで、通常の状態に移行して、今まで通り通信を行えるようになっている。
  • 休止中には、長期間休止状態にならないために、リフレッシュ信号が送信される。
  • LPIには遅延があるが、家庭用ルーターやHUBで採用されているストアアンドフォワード方式などでも同程度の遅延があるので、1ミリ秒未満の遅延を許容する一般的なインターネットアプリケーションではあまり問題にならない。(遅延が1ミリ秒あるわけではない)
  • ただし、HPC(プロセッサ間通信)や金融取引など、HUB等もカットスルー方式を使わなければいけないような遅延に敏感なアプリケーションを使う場合は、遅延が問題になる可能性がある。
  • ルーターやHUB、通信する端末の機能によって、端末の電源OFF時にポートの電力をカットしたり、スリープ時や通信のアイドル時にリンク速度を下げられることがあるが、IEEE 802.3az EEEとは関係ない。1000Mでリンクしていれば、LPIで通信が停止していても1000Mでリンクしたまま。

livedoorブログで独自ドメイン設定してみた

このブログはlivedoorブログさんを使わせて頂いているんですが、
今まで有料だった「PREMIUM」プランが2015年5月1日から無料になったということで、
早速プランを変更してみました。
で、前からやってみたかった独自ドメインの設定をしてみました。

http://blog.deltan.moe/ 
 
はい。アクセスできました。
ドメイン名はツッコミなしでお願いしますw
(.moeドメインが出来たので勢いでとってしまったんだ・・!) 

デザインも変えてみたいな。 

Webビリング登録できました

前エントリ「ドコモの新しい料金明細サービス?Webビリングがひどい」のように戸惑いながら
登録したWebビリング。
今日、督促状みたいな小さなハガキでIDとパスワードが届きました。
ちゃんと登録できたようですね~よかったよかった。

5日に登録して、10日に届いたので、
6日間で届いたことになりますね。

早速、ログインしよう!とログインしようとしたら、
ログイン出来ない!?

どうやら「tabalマイページログイン」ではなく、
その2つ下にある「Webビリングログイン」からログインしなきゃいけないみたいですね。
webtabal_login

登録からログインまで戸惑いだらけですね・・。
支払い自体は、私はペイジーを使って支払っているのですが、
MyDocomoからやっていた時と同じように支払うことができました。



ドコモの新しい料金明細サービス?Webビリングがひどい

最近、ドコモの料金の関係がNTTファイナンスに統合されました。
それにともないドコモのサービス「My Docomo」から行えていた料金の支払ができなくなり、
NTTファイナンスのサービス「Webビリング」から行うようになりました。

が、これがひどい。
まず、自発的な登録が必要なところ
向こうで引き継ぐんだったら自然にID、パスワードでも作られているのかと思ったけど、それがない
登録して、郵送でID、パスワードが送られてくるらしい。
郵送に何日かかるんだよ、と。

次に登録のページ
電話番号、住所など登録すれば良いのだが、
住所が入力できない。
郵便番号から住所を自動入力されるよくあるパターンなのだが、
この会社の登録ページでは自動入力された住所は変更できない。

私の家の住所は、郵便番号から自動入力された住所はまず間違いなく、
正式な住所とならない。
かならず手直しが必要になるのだが、それができないのだ。

私の場合、郵便番号がわからない場合のリンクがあったので、
そこから違う郵便番号で出てくる住所を選択して、正式な住所とできた。
違う郵便番号の住所を選択しても、予めこっちで入力していた郵便番号は変更されないようだ。
よかったよかった。

でもここからも出てこない住所だったらどうすればよいんだろうか。

あとエラーが分かりにくい
入力して、登録ボタンを押したらエラーが表示され
「反転されたところを修正してね」
といったメッセージが表示されたが、反転されているところといえば、
入力できない住所(自動入力)の部分。

よく見ると番地が全角となっていたので、全角で入力したら通った。

登録後の作業もそうだ
登録後、Webビリングに追加する電話番号などを入力してください、といったページが表示された。
今、自分の電話番号でWebビリングに登録したが、
自分の電話番号を改めて追加する必要があるのかも分からない。

一応、自分の電話番号をもう一度入力してみたら、
今度は「エラーです。以下の電話番号にお問い合わせください」と出て、サポートの電話番号が表示された。
なんだろこれ、いいのかな・・。

登録後の作業の話と同じだが、
とにかくちゃんと正常に終わったのか、失敗したのか分かりにくい
メールアドレスを登録する場所もなく、成功しても失敗してもメールは来ない。

まぁサイト自体がとてもNTTとは思えないような適当なデザインで、
料金の関係の統合だけ優先して、サイト上から云々というのは後回しなんだろうな、と。

サイトはこちら
NTT tabal
Webビリングに申し込んだはずなのに、サイト名はNTT tabal
1サービスという位置づけなんだろうか・・。

以上、こんなかんじです。
もっとなんとかならないものか。


2012年8月10日追記・・・
無事にWebビリング登録できました

調査会社によってブラウザシェアが違う話 =再追記あり&2つの会社の違いが判明

ここに2つのデータがあります。

1つはNetApplicationsによる2012年4月のブラウザシェアについてのデータ。
紹介はマイナビさんです。
http://news.mynavi.jp/news/2012/05/07/005/index.html

もう1つは、StatCounterによる2012年5月現在のブラウザシェアについてのデータ。
紹介はテンプルナイツさんです。
http://temple-knights.com/archives/2012/05/browser-share-chrome-overtakes-ie.html

前者ではInternetExplorerのシェアは54%に達し、Firefox、Chromeに比べてシェアが高くなっています。

一方、後者ではIEのシェアはChromeに逆転され、Chromeが30%台前半、
InternetExplorerがそれより少しシェアを落としています。

さて、この両者のデータの開きはなんなのでしょう。
性悪説に立てば、前者はMicrosoft社の不正が疑われます。

これまでならこの結論で終わったのでしょうが、シェアが逆転したといったデータが出てきた以上、
後者は逆にGoogle社の不正が疑われるように思えます。

もちろん実際に不正がある、といっているわけではなく、
データを操作するといった不正があったとしたら、の話です。

しかし、これだけデータに違いがあると、シェアがどうこうという話自体が成り立ちません。

どうしてこんなにデータが違うのか、分析してくれる方、
そして、可能ならばより正確なデータを出してくれる調査機関が現れてくれることを望んでなりません。


2012年5月22日追記・・・
インターネットウォッチさん(http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20120522_534411.html
でもStatCounterによる結果が載っています。
こちらの記事では、「同期間の日本のシェアは、IEが52.59%、Firefoxが19.66%、Chromeが17.67%。」
とありますので、マイナビさんに載っているブラウザシェアは日本国内の数字かもしれません。

・・とも思ったのですが、NetApplicationsさん本家にもデータがあり、
それでもInternetExplorerのシェアは50%でした。(マイナビさんのデータとも微妙に違いますが・・)
http://www.netmarketshare.com/browser-market-share.aspx?qprid=1


2012年5月24日追記・・・
調べていたらwikipediaの英語版記事に、2つの会社の違いが書いてありました。
http://en.wikipedia.org/wiki/Usage_share_of_web_browsers

・・・英語で読めない方もいるかもしれないのでせっかくなので翻訳してみました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%96%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%B6%E3%81%AE%E5%88%A9%E7%94%A8%E3%82%B7%E3%82%A7%E3%82%A2
つたない翻訳でちょっと良くわからなかったらすみません。
あと、もしかしたら削除されてしまうかもしれません。あしからず。
もし英語と日本語が得意な方がいたら、良い感じに修正していただけるとありがたいです。


さて、記事中にはどういう風に書かれているかというと・・・、
「計測方法の違い」の項目と、「Net Applications」「StatCounter」それぞれの項目を見てください。

要約すると以下のような感じです。
・Net Applicationsは、シェアの推定にユニークビジターを利用している。
・ユニークビジターは、同じユーザーが同じサイトに10回アクセスしても1回しかカウントされないもの。
・(記事には書いていないが、参考先を見ると、1日あたり1回かな?)
・また、結果に重み付けを行なっている。

一方、
・StatCounterは、シェアの推定にヒット数をそのまま使っている。
・つまり、同じサイトに10回アクセスすれば、10回カウントされる。
・また、結果に重み付けなどの加工は行なっていない。

ということになります。

この記事には、2つの会社の計測方法に違いがあり、
両者のシェアが異なる結果になることは分かりましたが、
なぜこのような結果になったのか、という理由までは書かれていません。

ここからは私の推測、というか考察になりますが、以下の理由が考えられると思います。
・Chromeを使う人は、InternetExplorerを使う人に比べて、同じサイトに何度もアクセスする。
もしくは、
・Internet Explorerを使う人は、Chromeを使う人に比べて違うサイトを見る回数が多い。

この理由であればユニークビジター数を使うNet ApplicationsはInternet Explorerに有利ですし、
ヒット数を使うStatCounterはChromeに有利となると思います。

もちろんNet Applicationsの重み付けが、Internet Explorerに有利に働いてしまっている、
という理由も考えられますね。


というわけで、なんとなくブラウザシェアに違いが出る理由が分かってよかったです。
果たして、どちらのほうが「良い結果」であるか、という問題もありますが・・^q^


記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード

トップに戻る